ページの先頭です。

メニューを飛ばして本文へ
新型コロナウイルス感染症関連の特設サイトを表示しています
大阪府新型コロナ警戒信号:黄色
大阪モデルのページへ移動します。
  • 全府民の皆さまへ。4人以下でのマスク会食の徹底。歓送迎会、謝恩会、宴会を伴う花見は控えること。3月1日から3月21日まで
  • イエローステージの要請。3月1日から3月21日まで。対象施設は飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店等(宅配・テークアウトサービスを除く)。バー、カラオケボックス等で、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗(遊興施設。ただし、遊興施設のうち、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗は、特措法に基づく要請の対象。ネットカフェ・マンガ喫茶等、宿泊を目的とした利用が相当程度見込まれる施設は要請の対象外)。大阪府全域への要請内容(協力依頼)1.業種別ガイドラインの遵守を徹底。2.適切な換気のためCO2センサーを設置。大阪市域への要請内容(特措法第24条第9項に基づく要請)営業時間短縮(5時〜21時)を要請。ただし、酒類の提供は20時30分まで。
  • お仕事探しをされる皆様へ。様々なお仕事にであうサイト「にであう-nideau-」。6万件以上の求人をご用意。オンライン合同企業説明会を毎日開催。職場体験(給料の支給あり)をご案内。就職に役立つ55講座の動画を配信。イーアイデム。エン・ジャパン。パソナ。マイナビ。アソウヒューマニーセンターグループ。Re就活。doda。リクナビNEXT。順次拡大中
  • コロナ禍における様々な悩みにお応えします。新型コロナウイルス感染症に関すること。不安やストレスなどこころの悩み。仕事に関する悩み。多重債務など借金に関する悩み。子ども、青少年の方の悩み。女性や高齢者の悩みなど。悩みに応じた相談窓口をご案内します。この画像をクリック。3月は「自殺対策強化月間です」。「つらい…」「 どうしたらいいのかわからない」など。こころの健康に不安を感じたら一人で抱え込まずにぜひお電話ください。こころの健康相談統一ダイヤル。0570−064−556。3月は、24時間の電話相談窓口を開設しています。
  • 新型コロナウイルスを疑う場合の受診相談体制が変わりました!1.発熱、倦怠感などの症状がある場合は、かかりつけ医などの身近な医療機関に相談してください。2.夜間・休日、かかりつけ医がいない場合は新型コロナ受診相談センター(保健所)に相談してください。※受診先は保健所・かかりつけ医等から案内されます。診療・検査が可能な医療機関は、この画像をクリックしてください
  • 感染防止宣言ステッカー発行中。詳細は専用ページへ。感染拡大防止と府民の皆さまへの安心の提供のため、ぜひ登録にご協力ください!感染防止ステッカーのイメージ画像(やってまっせ!感染症対策。安心来てや!)。
  • 大阪コロナ追跡システム。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、QRコードからメールアドレスを登録し、感染者が発生したときにアラートメールをお送りするシステムです。施設(店舗)運営者イベント主催者(QRコードを掲示していただく皆さま)については、QRコード発行の登録申請を行い、施設等にご掲示お願いします。施設・イベントでのシステム導入の流れ。1.施設情報を登録(情報は大阪府が管理)。2.登録完了メールを受信。QRコードをダウンロード。3.QRコードを印刷・提示。施設(店舗)利用者イベント参加者(QRコードで登録していただく皆さま)については、施設等に掲示されているQRコードを読み取り、メールアドレスのご登録お願いします。利用者によるシステム登録の流れ。1.QRコード読込み2.メールアドレスを入力3.自動返信メールを受信対象となる施設やイベントについてはホームページでご確認ください。
  • 知事からのメッセージ

新型コロナ感染症患者の発生および患者の死亡・変異株PCR検査(スクリーニング検査)における陽性の判明について

モニタリング指標

分析事項 モニタリング
指標
3月15日
現在
府民に対する警戒の基準 府民に対する非常事態の基準 府民に対する非常事態解除の基準 府民に対する警戒解除の基準
(1)市中での感染拡大状況 @新規陽性者における感染経路不明者
7日間移動平均前週増加比
1.17 @2以上
かつ
A10人以上
A新規陽性者における感染経路不明者数7日間移動平均 47.14 10人
未満
【参考@】新規陽性者における感染経路不明者の割合 38.8%
(2)新規陽性患者の拡大状況 B7日間合計新規陽性者数
(うち後半3日間)
665
(279)
120人
以上
かつ
後半3日間で半数以上
C直近1週間の人口10万人あたり新規陽性者数 7.54 0.5人
未満
【参考A】陽性率(7日間) 1.2%
(3)病床等のひっ迫状況 D患者受入重症病床使用率
(重症患者数÷確保病床数)
27.0% 70%以上
(「警戒(黄色)」信号が点灯した日から起算して25日以内)
7日間連続
60%未満
60%
未満
【参考B】患者受入軽症中等症病床使用率
(軽症中等症患者数÷確保病床数)
26.0%
【参考C】患者受入宿泊療養施設部屋数使用率
(宿泊療養者数÷確保部屋数)
9.3%
※大阪モデルについては、感染状況を踏まえながら、今後見直しを検討する。
(参考)20・30代新規陽性者数7日間移動平均前日増加比
3月9日 3月10日 3月11日 3月12日 3月13日 3月14日 3月15日
0.99 0.98 0.95 1.08 1.06 0.98 1.06

入院・療養状況

3月15日現在 重症病床 軽症中等症病床 宿泊療養施設
使用率
(入院・宿泊療養者数/確保病床・部屋数)
27.0%
(60/222)
26.0%
(457/1761)
9.3%
(225/2416)
運用率
(入院・宿泊療養者数/実運用病床・部屋数)
32.8%
(60/183)※
32.0%
(457/1428)
41.4%
(225/544)
※うち、大阪コロナ重症センター(9人/24床)

通常サイトはこちらへ

新着情報

特設サイトメニュー

マ羶カイ、ツワテロハモニオヤレマ゚ネソレ